ALH株式会社

「ともにつくる、次代のために」 ALH株式会社の公式note。 ホームページやオウンドメディアとは一味違った、思わずシェアしたくなるような情報を発信します。 みなさんの新たな“スキ”がここから生まれると嬉しいです。

ALH株式会社

「ともにつくる、次代のために」 ALH株式会社の公式note。 ホームページやオウンドメディアとは一味違った、思わずシェアしたくなるような情報を発信します。 みなさんの新たな“スキ”がここから生まれると嬉しいです。

    マガジン

    • ALHの制度・働き方

      ALHにはライフイベントを迎えても自分らしく活躍できるような環境があります。そんなALHの社内制度や働き方についてご紹介していきます。

    • noteを運用する広報担当ブログ

      ALHの公式noteアカウントを運用をしている広報担当のブログを追加していきます。さまざまなジャンルを執筆していく予定です!

    • AWSセキュリティ基礎まとめ

      AWSセキュリティのセキュリティに焦点を当て、いくつかのサービスについてまとめてみました。AWSのセキュリティに興味がある人、ぜひご覧ください。

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    はじめまして、ALHです!!

    noteをご覧のみなさん、こんにちは。ALHです。 この度、ALHはnoteを始めることになりました!拍手👏(強制) 初回の発信となる今回は「ALHがnoteを始めることになった理由」にフォーカスしてお話していきます。 この記事を書いているライターは初めてnoteで記事を書くのですが、ちょっぴりドキドキしながら筆を握って(本当はキーボードを叩いてる)ますが、どうぞ最後までお付き合いくださいね。 そもそも、ALHって何者?さて、先ずは私たちがどんな会社なのかを簡単に紹介したい

      • エンジニアがオススメする本を紹介します!『いちばんやさしいDXの教本 人気講師が教えるビジネスを変革する攻めのIT戦略』

        こんにちは!第二開発事業部のRKです。 今回からALH公式アカウントではエンジニアがおすすめする本紹介がスタートするのですが、記念すべき初回は私、RKがつとめさせていただきます! 今回この本を取り上げることになったきっかけ 実は、今私が参画しているプロジェクト先の企業が社内全体でDXを推進し始めていて、DXに関する説明会に参加したんですね。 私は説明会に参加する前は「DX=業務のデジタル化」のことだと思っていたんですが、説明を聞いていくうちに、DXは自分が考えているほど単

        • 若手エンジニア必見!エンジニア歴20年で培った私の資格受験の心得をお伝えします!

          はじめまして、開発事業部の杉田です。 私は主にプログラマとして開発業務を20年超やってきました。 (ちなみにランニングが趣味で一応サブスリーランナー=フルマラソン2時間台です) 一応ベテランになってきたこともあり、若い方たちに何か伝えられることがあるのではとnoteに記事を書くことにしました。 よろしくお願いいたします! 私はIT資格の取得にはまった時期があり多くの試験に合格することができました。(システムアーキテクト,DBスペシャリスト,情報処理安全確保支援士含むIPA資

          • 目指せLinuxマスター!~あずき本で学ぶLPIC2~

            皆さんこんにちは、横浜事業所の加賀谷 峻です。現在LPIC2の資格取得に向けて勉強をしているので、その様子をご紹介します! 私なりの勉強方法や困った事を書いているので、同じくLPIC2を勉強している方や勉強しようと考えている方達と一緒に頑張れたら嬉しいです✨ コメントで質問やアドバイス大募集してます。 そもそもLPICとは?正式名称は「Linux認定技術者認定試験(Linux Professional Institute Certification)」で、Linux技術者と

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ALHの制度・働き方
            ALH株式会社
          • noteを運用する広報担当ブログ
            ALH株式会社
          • AWSセキュリティ基礎まとめ
            ALH株式会社

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「Twitter Blue」というサブスクリプションサービスがリリースされたので、広報担当が考察してみた

            こんにちは。採用広報部の持木です。 1月も半ばを過ぎ、みなさんはそろそろ年始モードも薄れてきている頃でしょうか。そういえば、新年会のお誘いはまだかしら…?(自分で誘いましょう) さて、今回は何気なくTwitterのメニュー画面を見ていたら、いつの間にか加わっている事に気付いた「Twitter Blue」というサービスが一体何なのか?個人的に気になったので広報担当である私なりにサービスを広報目線で考察していきたいと思います。 なお、こちらの考察は個人的な見解が含まれますのでその

            新年のご挨拶と仕事始めが憂鬱なあなたを応援したい

            謹賀新年 新年、あけましておめでとうございます。 noteの裏の管理人、採用広報部の持木です。 いつもは表に出ませんが、2023年スタートのタイミングで筆を握らせてもらっています!(本当はキーボードを叩いてますが) 今年は今まで以上にnoteからALHのエンジニア達の素敵なアウトプットや会社の情報を、より多くの方々に届けていきたいと思っています。今年は記事のジャンルも増やしていきたいと考えていますので、どうか見捨てないでください!!!!!じゃなくて、どうぞ見守っていてくださ

            SQL 副問い合わせまとめ

            こんにちは、開発エンジニアの大野 竜太です。今回はSQLの副問合せについてアウトプットさせていただきます。 副問い合わせとは副問い合わせとは簡単に言うとSQLの中に登場するSQLのことである。 SQLを使用していると、SELECT文で取得した結果の値でさらにSQLを実行したいことがあるかと思うがそういう時に使えるのが副問い合わせである。 以下のようなテーブルがあるとする。 説明用のため、家計簿テーブルと家計簿集計テーブルの整合性はないものとする。 SELECT

            ラムダ式とStreamAPI

            こんにちは、開発事業部の大野 竜太です。 ラムダ式とStreamAPIについて説明します。 ラムダ式とはラムダ式とはjava8から使用できるようになったコーディングの文法のことである。 関数型インターフェイスを実装したクラスのインスタンスを短い記述で作成することが可能になっている。 関数型インターフェイスとは関数型インターフェイスとは抽象メソッドを1つだけ持つインターフェイスのことである。 抽象メソッドを1つだけ持つという特徴がラムダ式での記述を可能にしている。(型推論)

            AWS Certified Solutions Architect - Professional受験レポート

            皆さんこんにちは、横浜事業所のえんどぅです。 今回はAWS Certified Solutions Architect - Professionalに合格しました。AWSに興味のある方の刺激になれると嬉しいです。 試験概要前提知識学習の内容参考書 この参考書はボリュームが膨大ではないので、試験範囲の全体把握として取り組みやすかったです。各章の最後の確認問題で知識の定着を確認しつつ学習を進めました。 練習問題の難易度は本試験に近いと感じましたし、比較的最近の出版なので新しめ

            [Rails] RSpecでカバレッジを可視

            はじめにこんにちは、横浜事業所のF.Tです。 最近、Railsで作成されたプロジェクトの単体テストにRSpecを導入しました。 その際に、テストのカバレッジを取得&可視化するためにsimplecovというgemを追加しました。テストについては設計もコーディングもほぼほぼ経験がなく、有識者も周りにいなかったため調べつつなんとか実装を行いました。 というわけで今回は、RSpecの導入とカバレッジ取得についてまとめていきたいと思います。 超ざっくりいうと、「Rubyでテスト自動化の

            【TransitVIF】TGW+DxGWの構成案【未対応でも大丈夫】

            こんにちは、@shihandaiです。 本記事では、契約したDirectConnectのデリバリーパートナーがTransitGatewayの仮想プライベートインターフェイス(TransitVIF)に対応していなかったとき、TransitGatewayをどう導入したかをご紹介します。 初心者向けというよりはある程度AWSに知見がある方向けの内容になりますので、基本的な用語説明などは割愛させて頂きます。ご了承ください。 ※DirectConnect→以下Dx ※Transit

            テスト実行者が次のスキルアップに選んだ『Python資格』

            皆さんはじめまして、品質保証事業部の番場です。 これは、入社研修ぶりにコードの勉強を始めたテストエンジニアが「Python3エンジニア認定基礎試験」を受験した軌跡です。 もとい、合格体験記です。 ちなみに、研修で触れたJavaは決して得意というわけではありませんでした・・・ そんな私が合格しました! 本記事が「Python3エンジニア認定基礎試験」に興味がある人の後押しになれば幸いです。 番場 海里(ばんば みさと)ALH株式会社 品質保証事業部所属。1000年に

            プログラマーだけど、簿記を受験してみた

            みなさん、こんにちは! 第2開発事業部の梅原です。 私の普段のお仕事は、システム開発で、設計書をもとにソースコードを書くプログラマーです。 今回簿記3級の試験を受験して合格したので、そのことについて書いていこうと思います! エンジニアなのに簿記?受験した理由について「エンジニアなのに簿記?」という疑問が浮かびますよね! 私は会計システムのプロジェクトに関わっており、そこで「簿記を持っている?」と聞かれたことがきっかけで、そのシステムのユーザーがどんな業務に関わっているかを

            若手女性エンジニアの本音トーク!~未経験でも安心できる理由~

            みなさんこんにちは、採用推進部の梶原です! ALHでは、IT経験の有無に関わらず、様々な人を採用しています。 今回は、IT未経験で入社し、品質保証事業部で品質クリエイターとして活躍している3人に、率直な気持ちを語ってもらいました!! 品質クリエイターとは一般的にQAエンジニア(Quality Assurance)と呼ばれるようなエンジニアのことを指し、品質を担保するために診断ケースを網羅的に考えたり、アプリの使い勝手を考えて画面をデザインします! そんな人たちのことをA

            AWS SAAに2週間で合格できた話。

            こんにちは、@shihandaiです。 本記事は、筆者がAWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト(以下SAA)試験に2週間で合格することができたので、勉強方法や解答のコツについてまとめたものです。 先に断わっておきますが、筆者はAWSの業務経験が1年以上あったので2週間でも間に合いましたが、全く触ったことのない人で2週間はほぼ無理だと思います。 AWS初心者の方は2週間で詰め込もうなんて思わず、ゆっくりお勉強した方が絶対良いです。 が、業務経験があるとはいえ2週間で

            【新米パパ×エンジニア×育成】ライフステージもキャリアも、ALHで"変化と成長"し続ける!

            こんにちは!ALHの研修を担当している人材開発部の小菅です。 人材開発部は、ALHのミッションとテクノロジーを日々研究している人材育成組織になります。 そして業務の特性上、おかえり人事制度という社内制度を1番活用している組織です。 これまでもこの制度を利用して多くの方々が人材開発部に来てくれました! 今回は、Z(絶賛)S(新米パパ)として奮闘している、この方に研修責任者の小菅がインタビューしてみました! ―よろしくお願いします!1年半くらい一緒に仕事しているのに、茂木さ