見出し画像

Azureを軽くまとめてみた

こんにちは。
ALH 開発事業部のエンジニア、REIYAです。

昨今、AWSが社内外問わず話題です。
AmazonのAWSやGoogleのGCPに並ぶ
クラウドサービスとして今回はMicrosoft Azureについて簡単にまとめてみました。


用語

  • リソースグループ(RG)

  • VNET(AzureVertualNetwork)

  • SubNET

  • ピアリング

  • ネットワークセキュリティグループ(NSG)

  • ゲートウェイ(GW)

  • プライベートエンドポイント

  • プライベートDNS

  • 仮想ネットワークリンク

とりあえず

最初はマシンの場所など。東京に3カ所あるみたいなので、可用性を考慮して配置。
VM確保したのち、中にRG作っていきます。部屋を借りて仕切りするみたいな感じ。
DRや構成についてはこちらが大変わかりやすい。

だいたいこういう感じで領域を作ります。
RG, VNET, SUBNETにはそれぞれ任意の命名をします。
az cliやazure potalから操作可能
ここの例ではVNETをクラスCにしてますので、中のSUBNETの割当てに影響します。

疎通

VNET間同士で通信を行う場合、ネットワーク範囲が異なるため別途設定が必要になります。
Azureではピアリングを行うことで、VNET間通信を可能にします。おそらくルーティングしてるだけ。
例えばRG1にwebサーバ、RG2にDBを立てた場合VNET間疎通が必要になります。
アプリケーション側の立場で見たエンドポイントはいかにもローカルホストって感じですが、実は別ネットワークなんですね。

隠す

セキュリティの時代。
ファイアウォールやDMZみたいなものがGWです、ネットワークの制限がNSG。
アプリケーションゲートウェイやVPNゲートウェイがあります。ちょっと適当に例をあげるとこう。

それっぽくなってきましたね。
RG1は80/443のみ許可、RG2はパブリックを排除、とかってNSGしとけば安全そう。
さらにVPNでないとRG1に入れず、とかってイメージです。

例えばAzureStorage(AWSでいうS3みたいなストレージ)など、サービスを追加する場合、基本はパブリックになります。
パブリックアドレスを公開したくない場合、プライベートにすることが可能ですが、接続のため、プライベートエンドポイントを作成します。
しかし、このアドレスはDHCP的に流動なため、名前解決する必要があります。
プライベートDNSを配置し、ゾーンに仮想ネットワークのプライベートリンクを設定します。
プライベートリンクは、プライベートエンドポイント経由でアクセスするためのやつです。個人的にはシムリンクみたいなものだと思ってます。

まだまだ粒度が低いですし、他にももっといろいろありますが
いったんこの辺で。


ALH Inc.について知る


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 採用サイトはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ALHについてはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ もっとALHについて知りたい? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!