見出し画像

【AWS】IAMユーザ作成手順

こんにちは、SAAYAです。

本記事ではAWSのベストプラクティス(最初のIAMユーザを作成するときにだけルートユーザを使用する)に準拠するため、IAMユーザの作成手順をまとめました。
本来であれば必要最小限の権限を付与するのがベストですが、今回はAdministratorAccessを保有した管理者ユーザの作成手順を紹介します。



IAMユーザー作成手順


1.IAMコンソールにアクセス


2.左ペインより「ユーザー」をクリック、「ユーザーを追加」をクリックする


3.以下の通り必要項目を入力し、「次のステップ:アクセス権限」をクリックする

ユーザー名:任意のユーザー名を入力(ここでは「test_user」とします)。

AWSアクセスの種類を選択:「AWSマネジメントコンソールへのアクセス」にチェック

コンソールのパスワード:「自動生成パスワード」にチェック
 パスワードを自分で設定したい場合はカスタムパスワードを選択します。

パスワードのリセットが必要:チェックしない
 自動生成のパスワードはセキュリティ強度が高いので、リセットせずそのまま使用します。

4.「既存のポリシーを直接アタッチ」をクリック、「AdministratorAccess」にチェックを入れ、「次のステップ:タグ」をクリックする


5.何も入力せず「次のステップ:確認」をクリックする
※タグのユースケースは本記事では割愛します。


6.入力事項を確認し、問題なければ「ユーザーの作成」をクリックする


7.「.csvのダウンロード」をクリックして認証情報(ユーザー名、コンソールのURL、パスワードなど)の記載されたcsvファイルをダウンロード後、「閉じる」をクリックする


サインイン確認


項番7でダウンロードしたcsvファイルを開き、記載されたURLにアクセス、サインインする

アカウントID:デフォルトのまま(スクリーンショットではIDを公開しないよう空欄ですが、実際は表示されます)
ユーザー名:csvファイルの「User name」を入力
パスワード:csvファイルの「Password」を入力


以上になります。
皆様のお役に立てば幸いです。


ALHについて知る


↓ ↓ ↓ 採用サイトはこちら ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ コーポレートサイトはこちら ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ もっとALHについて知りたい? ↓ ↓ ↓




みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!